スポンサーリンク




ホテルレオマの森 大江戸温泉物語 ”リゾートホテル㏌温泉”

スポンサーリンク




ホテルレオマの森 大江戸温泉物語

こんにちは、温太です。

今回紹介するのは、ホテルレオマの森 大江戸温泉物語です。レオマワールドに隣接する、リゾートホテルレオマの森内にある温泉施設です。レオ-リゾートは、温泉施設だけでなく1日遊んだり、食べたりと、楽しんだ後温泉でゆっくり、まったりするのがオススメプランです!
温泉施設は、”自然に溢れる温泉”隣接する山を利用しているので、森林感が強く自然に溢れる森の中の温泉です。金・土・日は、ホテル内の室内プールゾーンも利用可能でさらにお得。(学校の休み期間中は特別営業しているのでレオマワールドのホームページで確認してください。)プールゾーンは、リゾートプール以外に、ジャグジーやジェットバス、大小さまざまな種類の温泉があります。子供はプール、大人はじジャグジーバスに浸かりながらリラックスできます。

ホテル内のプールにジャグジーバスがあります。
フラダンスショーを見ながらくつろげます。

場所は、坂出I.Cから約30分位です。岡山から行く場合は、児島インターから乗れば安い料金で瀬戸大橋を渡れますよ。さらに、岡山駅と倉敷駅から直行バスが出ています。これは便利だと思います。おすすめは、ランチバイキングセットで、大人平日1900円、土日2100円の格安でランチとお風呂を同時に楽しむことがきます。Gooⅾ‼

温泉の成分  

“単純弱放射線能冷鉱泉、高濃度炭酸泉

温泉水は透明でサラサラしています。通常のお湯や水に比べ炭酸ガスを多く含んでいるので、泡が付きます。二酸化炭素の効果で血行が良くなり体を温めてくれるらしいです。

料金 大人980円、小学生830円、小学生未満500円

営業時間 11:30~22:00

備品 シャンプー、リンス、ボディシャンプー,スキンローション、etcなど

オススメ度

家族で☆☆☆☆☆ 夫婦で☆☆ お湯の好み☆☆ 楽しみ度☆☆☆☆☆ 施設☆☆☆☆☆

(☆の数はオススメ度です。あくまでも個人的な主観で、参考程度になればと考えています。おススメ度は個人差はあると思いますので1度訪れて確かめてください。)

ホテルレオマの森 大江戸温泉物語は5回以上訪れています。土日は家族連れが多く、特に子供連れ家族に大人気(㋬㋬)平日は年配の方々が団体で行っています。お風呂は和風と東南アジア風の2種類です(日替わり)。山の傾斜に沿っているので、縦にお風呂は設置されています。露天風呂は両方とも岩風呂です。アジア風の方は、夜に入ると神秘的な良い雰囲気になりまた。

休憩室 温泉施設内に畳スペース、大型TVを見ながらくつろげるスペース、食事や漫画を見ることができるスペース、リクライニングシートでリゾート気分を満喫できるスペースまであります。ホテルの施設内にも、色々な休憩スペースがありますので館内を探索してください。

おすすめシーン!!  日曜日に何処にも行くところがない時ふらっといかが。レオマワールドで子供と遊んでの後、満濃公園で遊んだ後(満濃公園は、年末年始の期間限定イルミネーションが最高でした!)、レオマウオーターランド(中四国最長260mの流れるプールがあり、ステージでフラダンスショーもやっていました。)で泳いだ後、温泉でくつろぐのがbest!ちなみにゴールデンウイークにレオマワールドへ行ってきました。あまりにも人が多く行く日を間違えてしまいました。しかし、VRのコナーがありこれが一番楽しかったかな~夜はプロジェクションマッピングに子供たちはビビッていました(笑)。レオマワールドは、幼児~小学生 向きかな⁉


レオマワールドで巨大な綿菓子

馬が多すぎるメリーゴーランド

イルミネーションのトンネルは幻想的!     満濃公園のイルミネーションが凄い!

周辺食事スポット!!  館内にランチバイキングができるレストランが良いかな⁉香川なので、うどん巡りの後でもOK。オススメのうどん店:付近では、長田うどんも有名ですが、元祖しょうゆうどん 小縣家でしょう。小縣家は、自分で大根をおろすのが特徴で一度食べると癖になります。夏場の大根は辛いので要注意⚠

まとめ ホテルレオマの森 大江戸温泉物語は、子供を連れて行くのが1番です。レオマリゾート内で、食べて、遊んで、泳いで楽しんでから温泉にGO

宿泊した時花火が上がりました。